癌の名医 膵(すい)がん


インタビューを見る

真口 宏介(まぐち ひろゆき)医師

勤務病院/手稲渓仁会病院 消化器病センター長

先端治療を駆使する
膵(すい)がんのエキスパート

2010年度の症例数は87

 自覚症状のないまま進行し、サイレントキラーといわれる膵(すい)がん。膵臓の外に広がるまで症状が表れないため、発見されたときにはすでに手遅れになっているケースが多い。真口宏介医師は、消化器疾患で圧倒的な症例数を誇る手稲渓仁会病院消化器病センターのトップドクター。豊富な実績を持つ膵(すい)がんのエキスパート。