婦人科の名医 子宮内膜症

和田医師
インタビューを見る

和田 真一郎(わだ しんいちろう)医師

勤務病院/医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院
     産婦人科部長

クオリティの高い子宮内膜症手術を実施

腹腔鏡手術に抜群の実績

 女性の5%が罹患する子宮内膜症。早めの治療で悪化を予防することはできるが、薬が使えないなどの理由で手術に至るケースも少なくない。ここ数年、産婦人科の領域でも腹腔鏡手術は取り入れられてきたが、15年以上前から積極的に行っているのが手稲渓仁会病院産科婦人科だ。2013年は総数900件以上の腹腔鏡手術を行い、そのうち子宮内膜症では200件超。その陣頭指揮を執るのが和田真一郎産婦人科部長だ。