婦人科の名医 骨盤臓器脱


インタビューを見る

藤井 美穂(ふじい みほ)医師

勤務病院/社会医療法人社団 カレスサッポロ時計台記念病院
     女性総合診療センター センター長

再発性の少ない
TVM手術に実績

骨盤臓器脱(POP)の先端治療を駆使

 骨盤臓器脱とは、骨盤の中にある子宮や膀胱、直腸などの臓器が膣の中に落ち込み、外に飛び出す女性特有の病気。高齢化社会の進展、人にも相談しづらいことから潜在的な患者が多い。治療法について患者はもちろん、医師の間でも知られていないことが多い。藤井美穂ドクターは、再発性の低い「TVM手術」を2006年に導入。また、腹腔鏡による「仙骨固定術」などを駆使して実績をあげている。