婦人科の名医 子宮頸がん

加藤医師
インタビューを見る

加藤 秀則(かとう ひでのり)医師

勤務病院/独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター
     統括診療部長

新治療法で妊娠能力を温存

将来の妊娠能力を温存する治療を実施

 10代~30代の比較的若い女性が罹患するケースが多い子宮頸がん。子宮の入り口にできるがんで、性交渉によりHPVウイルスが感染することで発症する。
 従来は子宮を全摘出する術式が一般だったが、初期にはレーザーによる治療を導入。さらに新しい治療法で、患者の身体への負担を軽減するだけではなく、将来の妊娠能力を温存する治療を実施している。