眼科の名医 白内障


インタビューを見る

五十嵐 陽(いがらし よう)医師

勤務病院/ 医療法人社団啓明眼科 院長

家族が見守れる
〝ライブサージェリー〟での
白内障手術を実施

白内障の日帰り手術で6700例超を実施

 白内障は今なお世界全体では中途失明原因の第1位となっている怖い病気。加齢に伴い、誰でも発症する眼疾患である。ただ、日本では医療技術の進歩に伴い、今では入院することなく、日帰り手術で治るようになり、その日に帰宅できるまでになった。啓明眼科の五十嵐陽院長はこれまでに6700例(3月末現在)を超える白内障の日帰り手術を実施。市内はもとより、全道各地から患者が訪れている。