眼科の名医 網膜硝子体疾患


インタビューを見る

荻野 哲男(おぎの てつお)医師

勤務病院/ 北広島おぎの眼科 院長

豊富な症例数を誇る硝子体手術のエキスパート

困難な硝子体手術を2000例以上執刀

 網膜剥離など失明の危険がある目の病気に対しておこなわれる硝子体手術。北海道内では市立札幌病院など大規模病院でしかおこなわれていないが、2000例以上の執刀例を誇るのが北広島おぎの眼科の荻野哲男院長だ。これは道内でも有数の症例数となる。このほか白内障手術も約5700例に達する。道内では数少ない日本網膜硝子体学会PDT認定医でもある。