糖尿病の名医


インタビューを見る

廣上 貢(ひろかみ みつぐ)医師

勤務病院/手稲渓仁会病院 循環器内科副部長

新しい概念
アテローム血栓症に精通

危険因子を知り、生活習慣の改善で予防を

 動脈が狭くなる血管の病気”アテローム血栓症”。あまり耳慣れない言葉だが、脳卒中や心筋梗塞の主な原因とされている。疾患を部位別ではなく、起因別にすると、このアテローム血栓症が死因の多くを占めるとも言われ、日本でも大注目。このアテローム血栓症治療の権威として知られているのが、手稲渓仁会病院の循環器内科副部長を務める廣上貢医師だ。