心疾患の名医 心臓弁膜症


インタビューを見る

大川 洋平(おおかわ ようへい)医師

勤務病院/北海道大野記念病院 副院長 兼 心臓血管センター長

心臓弁膜症手術のオーソリティ

低侵襲手術で術後の痛みを軽減

 心臓の本来の働きを司る4つの弁。その機能が損なわれるのが心臓弁膜症だ。心不全につながるだけではなく、臓器のうっ血なども招く。現在、薬剤で治療する方法は確立されておらず、内科的治療が適さなければ外科的手術が第一の選択肢となる。心臓血管センター北海道大野病院の大川洋平副院長は心臓弁膜症手術のエキスパート。低侵襲手術をもっとも得意とする。