心疾患の名医 狭心症


インタビューを見る

山下 武廣(やました たけひろ)医師

勤務病院/北海道大野記念病院 副院長 兼 心臓血管センター長

インターベンション治療の
技術的スーパーバイザー

冠動脈形成術年間300例以上

 心臓の動脈が詰まることで起きる狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、適切な診断・治療が生死を左右する。循環器疾患専門機関として名を馳せる北海道大野病院において、インターベンション治療の技術的スーパーバイザーを務めるのが山下武廣医師。冠動脈形成術を年間300件以上実施する全国屈指の心臓疾患のスペシャリストだ。