外科の名医 そけいヘルニア


インタビューを見る

宮崎 恭介(みやざき きょうすけ)医師

勤務病院/みやざき外科・ヘルニアクリニック 理事長・院長

日帰り手術で患者の
負担を最小限に

道内唯一のオフィスサージョン(外来外科手術専門医)

 そけいヘルニア(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの臓器がそけい部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気。子どもの病気と思いがちだが成人にも多く、手術以外の治療方法はない。短期入院で済む手術が普及しているが、日帰り手術で対応しているのが、道内唯一のオフィスサージョン(外来外科手術専門医)である宮崎恭介ドクターだ。